パットゲームスターとは

パットゲームスター15は、朝井正教(鳥取県東伯郡湯梨浜町出身、1982年グラウンド・ゴルフ考案時の担当者)が考案し特許を取得したものです。

 

パットゲームスターとは、「グラウンド・ゴルフ」や「パークゴルフ」などのクラブ、ボールを使って屋内、室内で屋外とほぼ同じ距離感でゲームを楽しむことができる新しいスポーツです。

 

「グラウンド・ゴルフ」や「パークゴルフ」などのプレーを、自宅や体育館、公民館など屋内、室内で行うことができます。

 

このニュースポーツでは、屋内、室内の狭いスペースでも、屋外での15m程度のショートゲームが、屋外とほぼ同じ距離感覚でプレーできます。

 

雨や雪、台風、猛暑など、屋外でゲームができないとき、健康面や体力面で屋外でのプレーがおっくうになったり、できなくなったときなど、屋内、室内でプレーでき、ゲームの中止やリタイヤ、炎天下でのプレー中の熱中症等を避けることもできます。

 

パットゲームスターは、15m程度のショット用の「パットゲームスター15」と、2.5m程度のパット用の「パットゲームスター2.5」の、2種類のコースがあります。

 

屋内、室内で屋外の15メートル程度のショートゲームを、屋外とほぼ同じ距離感覚で行うことができるよう、2台考案されました。

 

  「パットゲームスター2.5」は、「パットゲームスター15」の理論を応用し、2.5mのパットができるよう、製作しました。

 

このような、屋内、室内で屋外とほぼ同じ距離感覚でプレーできるグラウンド・ゴルフやパークゴルフの用具は、現在、日本、世界ともに初となります。

 

このパットゲームスターを使えば、毎日の家庭でのゲーム、練習、体育館や公民館などの屋内、室内でのプレーはもちろん、パットゲームスター大会や、ゴルフ系ニュースポーツの交流大会なども行うことができます。